創作ことわざ辞典

生み出します、海亀のように・・・。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< ミカンとりがミカンになる  <続!ことわざ辞典> | main | 借りてきたペコ  <続!ことわざ辞典> >>

狐につつまれる  <続!ことわざ辞典>

【読み】 きつねにつつまれる
【語源・由来】 昔むかし、ある村人が悪さばかりしている悪きつねを退治してやろうと山へ向かって行ったが、非力なその村人は悪いきつねに化かされて、反対にふろしきに包まれて散々な目にあったとさ。
【意味】
目的と反対の結果になる

【関連用語】狐につままれる

【用例】
決勝戦で昨年のリベンジに燃えたが、狐につつまれる結果となった。
続!創作ことわざ辞典 | permalink | comments(3) | trackbacks(2)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

役に立ちました。ありがとう♪
hoshi | 2006/06/01 5:21 PM
お役に立てて、光栄です♪
bochama | 2006/06/05 9:03 PM
きつねにつつまれると書かれたものを見て、他にもそんな人がいるのかと検索した次第。
最高ですね。用例がまたいい。
明るい気分にさせてもらいました。
通りすがり | 2014/05/18 10:52 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bochama.jugem.jp/trackback/242
この記事に対するトラックバック
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/06/09 8:33 AM
魚の目(うおのめ)とは、足の裏や足の指にできることが多く、皮膚の角質の一部が厚くなって、皮膚の深いところまで進入し、硬い芯ができてしまうものです。見た目が魚の目のように見えることから、魚の目の名前がつけられました。魚の目ができると、歩く度に厚く硬化し
魚の目治療 | たーしの徒然なるままに | 2007/06/10 6:57 PM